1. HOME
  2. ブログ
  3. カテゴリーなし
  4. オリジナルブロックチェーンシステム

ブログ

BLOG

カテゴリーなし

オリジナルブロックチェーンシステム

オリジナルブロックチェーンの開発

世界的に証券取引所のデータベースはハッカーの対象となっており、ハッキングによる有利な取引で利益を得てしまうため、ユーザーに対する安全性が懸念されています。また、日本でもFATF(Financial Action Task Force;金融活動作業部会)によるマネー・ローンダリングおよびテロ資金供与対策に対する審査が2019年の4月より実施さます。そのため、STO市場においてもセキュリティー、マネーロンダリングへの対策が必要となります。
我が社は、ブロックチェーン上に3つの権限を持った組織を形成し、お互いに監視、検証を行うことで効率的かつ堅牢な取引可能なシステムを開発しています。我が社と電子証券通貨交換業協会がユーザー登録、STOの上場を審査し致します。登録された個人情報は秘密保持のため一般のユーザーが参照できない状態でブロックチェーン上に記録されます。登録されたユーザーはDEXという概念を実装しユーザーそれぞれがブロックチェーン上に独立した口座アカウントを有します。したがって、ユーザー間での直接的な電子証券通貨の取引が可能となります。取引の検証作業は、厳重な審査を通過したSTO会員の方達が代表して電子取引情報に改ざんがないか検証します。また、関係省庁の承認を受けた一定数以上の取引監査組織を配備し、代表者の検証結果とブロックチェーン上に記録されたユーザーの身元情報を元に検証し最終的な取引情報をブロックチェーン上に記録することで、不正取引の半自動的な巻き戻し処理が可能となります。また、不正な取引がブロックチェーン記録後に発覚した場合、法的な準拠に則り取引監査組織の一定割合以上の合意のもと、強制的な払い戻し取引を発生させることでチャージバックを実現致します。

ブロックチェーンを利用することによるコスト削減のメリット

我が社が開発するブロックチェーンは、大きく分けて3つの組織に権限を分散しお互いを監視することでSTOのネットワークを維持します。ネットワークに参加する組織が共通のJP20と言う規格の元設計された自律システムによって分散的かつ半自動的に管理されるため、ハッキングやマネーロンダリングに対する、セキュリティーコストの削減が実現されます。また、配当や優待条件なども電子化し自動的に取引が可能になることで人為的コストが削減可能となります。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事